家電使いこなしナビ テレビを見るときのコツ

家電が好きで、東芝の37Z9000という液晶のテレビを購入するまでの経緯と、使用しての感想や満足している点。

家電が好きで、東芝のテレビを購入した感想

地デジに切り替わる1年ぐらい前に、テレビを買いました。東芝の37インチの液晶テレビです。家電は結構好きなので、いろいろと調べて比較して買いました。まず、画面の大きさですが、37〜42インチぐらいで考えていて、大きさも家電量販店などで、実際に目で見て確認しました。結局、37インチで落ち着いたのですが、今となっては少し小さいぐらいに感じるので、42インチでもよかったのかな、と後悔しています。価格的にやはり、3〜4万円違うので、少しケチってしまったのかもしれません。次に画質ですが、やはりプラズマが一番、動きもクッキリしていて、綺麗だと思ったのですが、店頭で見ていて、それに引けを取らないぐらい美しい画像だったのが、東芝のZ9000シリーズだったのです。

まず、従来の液晶は大抵、ノングレアパネルという映り込みや反射を防ぐため、少し曇りがかったようなパネルが多かったのですが、この東芝の37Z9000はクリアパネルを採用し、透明で美しい映像が再現できるタイプでした。映り込みや反射も出来る限り軽減しているとのことでした。さすがは、老舗の伝統あるメーカーで、映像の東芝と言われるぐらいで、高い技術力を見せ付けたと思いました。ダブルチューナーで2番組同時録画が出来るのも魅力でした。最近、流行りの外付けハードディスクに録画出来るので、高いレコーダーを買う必要もなく、場所を取らないのでありがたかったです。実際に購入して使い始めてからも、故障もなく、すべてに満足しています。

新着おすすめ